• hamanaka

一杯の牛乳の中にあるストーリーを知ってもらいたい

牛と触れ合うこと。良い土で良い草を育てること。いろんな思いが牛乳の中に詰まっている。

穴吹牧場代表

穴吹 卓也

1979年、浜中町の酪農一家に生まれる。農家以外にもいろんな世界が見たいと様々な職種を経験する。飲食店の店長として生計を立てていたころ、同じ酪農の家庭で育った仲間たちが農業を継ぎ、頑張っている姿に刺激を受けご自身も実家に戻り酪農の道に進むことを決意。最初はあまり好きになれなかった世界だったが、今では『酪農あっての自分』と胸を張って言えるほど農業という仕事に対して熱い思いを抱いている。 飼育頭数約240頭。草地面積約85ヘクタール。

穴吹さんは早くからロボット搾乳を取り入れられていますが、導入前と導入後の違いはありますか?

一日の作業で少なくとも2時間は短縮できるようになりました。当時、周りにロボットを導入しているところはほとんどなくて、成功例もあまり聞かなかったので怖いという思いはありましたね。けど、なぜか自分ならできるという確信があり思い切って導入しました。最初の一年は(ロボット搾乳なので)牛の身体に直接さわる機会が減り、体調の変化に気づいてあげられず何頭も死なせてしまって。他の業務もほぼ一人でこなしていたので、牛の体調まで気遣ってあげられなかったんですね。そこで限界を感じて人を雇いました。牛を見る目が一人から二人になり余裕が生まれたせいか、その頃から上手く回りだしましたね。ロボットという最新機器を導入しながらも、牛の身体に触れて状態を知るという昔からの方法も大事なんです。触れ合うことの大切さは従業員にもいつも伝えています。

酪農を営む上で穴吹さんが大事だと思われることは何ですか?

やっぱり「土と草」だと思います。これに気がつくまでにいろんな試行錯誤をしました。儲けを出すことに目が向いていた時期もあって、餌はあれがいい、これがいいと噂を聞けば、その通りになんでも取り入れてたんですよ。でも結局うまくいかなかったんです。いろいろと考えてたどりついたのが「自分で良い草を作って食べさせよう」ということ。良い土で良い草を作って食べてもらえれば、今まで食べさせていた特別なものなんて意外と必要ないんだなって。土と草、これが本当に大事なんです。

牛を育てて牛乳を搾って出荷するまでの間にどんなことを思われてますか?

牛乳って牛さえいればずっと搾れる訳ではないんですよ、当たり前だけれど。コップ一杯の中にはいろんな人が関わっていろんな人の思いが詰まっている。昔はそんなこと思わずに搾って出荷して、しか考えていなかったんですが、ちえのわに入って酪農に関わるいろんな人と出会って話してそう思うようになりました。自分が搾った牛乳の流通が目に見えて分かるようになったときに、いろんな人が携わっての一杯なんだと言うことを痛感しましたね。そこをみなさんに知ってもらいたいです。それを知ってもらった時に何かを達成した気持ちになりますね。それが消費につながって乳価が上がって、最後の最後にお金がついてくれば、それでいいですね。

Share on Facebook

Facebookでシェアする

CONTACT

お問い合わせ

組合員募集、ちえのわ製品に関するご質問等、お気軽にお問い合わせください。

CONTACT